引越しのトラブル対策とは?

引越し業者を選ぶらなら一括見積もりがお得!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!
ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!
引越し価格ガイド2

引越しのトラブル対策とは?

新たな生活の始まりとなる引っ越し、できればトラブルなく済ませたいですよね。

 

ここでは引っ越しトラブルの防ぎ方と、よくある引っ越しトラブルの対処方法についてご紹介します。

 

引っ越しトラブルを防ぐには

引っ越しは、標準引越運送約款という国土交通省の定めた決まりに従って行われます。
これは引っ越し時に起こるトラブルを未然に防ぐために制定されたもので、
引っ越しに関するトラブルの対処方法や引っ越し費用、引っ越し業者の対応方法などが定められています。

 

まずはこの標準引越運送約款にしっかりと目を通した上で引っ越し業者との契約を行いましょう。

 

引っ越しをキャンセルした場合はどうなる?

よくあるトラブルのひとつに、引越しをキャンセル、または延期した場合のキャンセル料の支払いがあります。

 

引っ越しのキャンセル料については、標準引越運送約款にしっかりと定められています。
そこでは、引っ越し日の2日以上前であればキャンセル料は発生しないとされています。

 

引っ越し前日のキャンセルまたは延期であれば、引っ越し料金の10%以内、
引っ越し当日のキャンセルまたは延期であれば引っ越し料金の20%以内を請求可能とされています。

 

なお、標準引越約款では、引っ越し当日の2日前までに業者から依頼主に対して
見積もり内容の変更がないか確認することが義務付けられています。

 

もし確認が行われなかった場合、キャンセルや延期が発生したとしても
キャンセル料を支払う必要はないとされています。

 

引っ越し自体をキャンセルしても、オプションサービスなどを前もって受けていた場合には、
その分の料金は支払う必要があります。

 

荷物の紛失や破損があった場合は?

ほとんどの引っ越し業者は、積み下ろしや運搬中のトラブルに備えて
運送業者貨物賠償責任保険という保険に加入しています。

 

これは、運送業者が作業中に荷物の紛失や破損が生じたときに、
依頼主への賠償責任を補償するものです。

 

補償額には上限があり、通常1,000万円までとなっています。
場合によっては、補償の対象外となってしまうこともあります。

 

たとえば、業者または依頼主の故意による破損である場合、以来前からの品質不良や破損があった場合、
経年劣化や本来の性質による損害である場合、自然災害の間に生じた事故である場合などです。

 

また、宝石や美術品、現金や有価証券類、設計図や模型、帳簿類、
違法なものや公序良俗に反するものは補償の対象外となります。

 

引越し業者を見つけるなら一括見積り!

最大で50%も安くなる方法は、こちらから見積もり依頼!


引越し価格ガイド

 

見積もり依頼と同時に料金相場も分かる!


・全国200社以上の引越し業者と提携!
・実績1,780万件以上突破!
・最大で50%安くなる!
・一括見積もりでラクラク比較



引越し価格ガイド2






引越し侍

 

引越し業者と荷物を入力するだけの簡単比較!

・大手から地元業者まで、提携業者は全国230社以上!
・すぐに引越し業者を選べます
・料金が格段に安くなります!



 

引越し侍2





引越し業者は、一社に見積もりするのではなく一括査定がお得!
迷ったたらこちらがオススメですね。


引越しをご検討をされているあなたへ!

条件を入れて頂くだけの簡単入力
今すぐ見積もりが可能!
引越し価格ガイド2

値段交渉の方法 引越し体験談 引越し退去時で敷金が戻る? 引越し業者の選び方