引越しの長距離料金相場と費用面

引越し業者を選ぶらなら一括見積もりがお得!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!
ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!
引越し価格ガイド2

引越しの長距離料金相場と費用面

引越しの料金相場は、積載量と区間による部分が大きく、特に長距離引越しで距離を無視することは出来なくなります。

 

長距離引越しにおける料金相場は、国土交通省が基本運賃を公表しているので、これが引越し料金の目安になるといえます。

 

分類的には、1トン超えから2トンの範囲で、以降も3トンから4トン、そして5超え6トンの上限が決められています。

 

更に加えて、引越しの距離が100km以上と190km超えでは、1万円以上の差が発生することも珍しくありません。

 

最も安い2トンの引越しは、110kmの距離まで約3万8千円ですが、そこから30kmの距離が増えるだけで、金額は5万円を超えてしまいます。
これは、6トン車の110km区間に相当する金額ですから、いかに距離が引越し料金に関わるか理解することが出来ます。

 

しかし、長距離引越しで料金相場の影響を大きく受けるのは、200kmを超えた時と、500kmを50kmずつ超過する場合になります。
移動距離が200kmを超えると、500kmまで20km毎に運賃の加算が行われます。

 

また、500km以上では、距離ごとに大幅な金額の増加が発生しますから、引越しの料金相場は大幅に変わります。
仮に2トン車で500kmの引越しを行うと、目安となる料金相場は10万円になりますし、同じ重さの荷物を110km運ぶ場合に比べて、約3倍以上の運賃差に繋がります。

 

単身であれば、引越しの荷物を可能な限り減らしたり、オフシーズンを活用して長距離引越しを安く済ませることが出来ます。
一方で3月4月の繁忙期を選ぶと、料金相場は倍近くに膨れ上がったり、長距離引越しの影響を直接受ける結果になります。

 

家族の人数が増えれば、費用の増加量は倍々になりますから、引越しするタイミングや規模の縮小を検討することが大切です。
長距離引越しが必要になると、距離面で費用を削減することは難しくなるので、他の部分に工夫を加えて節約する必要があります。

 

積載量の減少は、手配するトラックの規模を左右しますから、荷物を減らして運賃を節約することが可能になります。
500km以上の長距離運送では、最低でも10万円の料金は発生しますが、トラックの大きさを一つ小さく選ぶだけで、大幅な費用の増加を避けることは出来ます。

 

転居は新生活の機会で、生活を一変するチャンスになりますから、家具や家電買い換えの検討を進めれば、節約が実現する可能性は十分にあります。

 

引越しは距離が料金に響きますし、物理的な移動が必要となると、費用に対する影響を避けることは不可能です。
移動距離の延長は、必然的にドライバーや作業スタッフの拘束時間を増加させますから、必要経費と考えて納得することがポイントです。

 

荷物の積載量を削減したり、他人の荷物とまとめて運ぶ混載で節約する方法もあるので、費用を削り長距離運送料と相殺出来る余地はあります。

 

節約重視で見積もりの依頼を行えば、低価格なプランを提案してもらえますから、まずは相談することが問題を解決する切っ掛けになります。

引越し業者を見つけるなら一括見積り!

最大で50%も安くなる方法は、こちらから見積もり依頼!


引越し価格ガイド

 

見積もり依頼と同時に料金相場も分かる!


・全国200社以上の引越し業者と提携!
・実績1,780万件以上突破!
・最大で50%安くなる!
・一括見積もりでラクラク比較



引越し価格ガイド2






引越し侍

 

引越し業者と荷物を入力するだけの簡単比較!

・大手から地元業者まで、提携業者は全国230社以上!
・すぐに引越し業者を選べます
・料金が格段に安くなります!



 

引越し侍2





引越し業者は、一社に見積もりするのではなく一括査定がお得!
迷ったたらこちらがオススメですね。


引越しをご検討をされているあなたへ!

条件を入れて頂くだけの簡単入力
今すぐ見積もりが可能!
引越し価格ガイド2

値段交渉の方法 引越し体験談 引越し退去時で敷金が戻る? 引越し業者の選び方