引越しの見積もりの内訳

引越し業者を選ぶらなら一括見積もりがお得!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!
ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!
引越し価格ガイド2

引越しの見積もりの内訳

引越しの見積もりの内訳は大きく分けると3つに分類することができます。

 

まずは荷物をどこからどこまで運ぶのかという引越し本来の役割である運賃です。

 

この中には通常基本料金が含まれていて、荷物の量や移動の距離、トラックの大きさによって金額が変わってきます。

 

しかし引越しの金額というのは法律によって上限が決められているので見積もりを出してもらう時には、根拠となる数字を知っておくと比較しやすくなるかもしれません。

 

運賃には基本料金の他にも、割り増し料金が含まれる場合があります。

 

割り増し料金というのは、例えば引越しシーズンなどの忙しい時期や日曜や祝日の休日割り増し、早朝や深夜などの時間外割増などがあって、基本料金に2割から3割割り増しになるケースが多くなります。

 

次に実費が必要になります。

 

実費というのは文字通り引越しに必要なものや人件費の料金です。引越し作業や運搬に関しては運賃に含まれていますが、その作業に何人必要なのかという人件費や、荷物を梱包するためのダンボールやガムテープ、その他にも必要なものを業者に用意してもらえば用意された分の料金が請求されることになります。

 

また高速道路などの有料道路やレッカー車やリフトが必要な時には、別途で請求されることになるので注意しましょう。

 

その他にオプション料金がかかることがあります。

 

これらは引越し業者が外注するようなことが多く、例えばエアコンの工事であったり、ピアノなどの特殊な運搬が必要になる物、車やバイクの陸送などにかかる料金です。

 

これらが引越しの見積もりの内訳になります。荷物の量や移動の距離、作業員を何人用意するのかによって金額は大きく変わってきます。

 

実費に関しても業者によってはダンボールなどの買取ではなく、リサイクルボックスの様な何度も使えるものを手配してくれるところもあるので、見積もりをする時には実費をどれくらい減らせるかどうかも確認してみると費用を節約することもできます。

引越し業者を見つけるなら一括見積り!

最大で50%も安くなる方法は、こちらから見積もり依頼!


引越し価格ガイド

 

見積もり依頼と同時に料金相場も分かる!


・全国200社以上の引越し業者と提携!
・実績1,780万件以上突破!
・最大で50%安くなる!
・一括見積もりでラクラク比較



引越し価格ガイド2






引越し侍

 

引越し業者と荷物を入力するだけの簡単比較!

・大手から地元業者まで、提携業者は全国230社以上!
・すぐに引越し業者を選べます
・料金が格段に安くなります!



 

引越し侍2





引越し業者は、一社に見積もりするのではなく一括査定がお得!
迷ったたらこちらがオススメですね。


引越しをご検討をされているあなたへ!

条件を入れて頂くだけの簡単入力
今すぐ見積もりが可能!
引越し価格ガイド2

値段交渉の方法 引越し体験談 引越し退去時で敷金が戻る? 引越し業者の選び方